メインメニュー
ミニカレンダー
前月2018年 5月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
twitter
TOP  >  ユーザーの日記  >  ranki  >  介護  >  はたらくこと

ranki さんの日記

 
2012
8月 22
(水)
09:50
はたらくこと
本文
この一年間、ショートステイ管理者として、たくさんの介護職員の面接をしましたが、その中で感じたこと
それは、60歳代の男性のヘルパーの就職希望者が多かったこと。
職業安定所等で、ヘルパー講習をしているせいもあるだろうが、本当におおい。
しかしながら、面接をすると。。。
「今までのしごとよりもらくだと思うので」
「体力には自信あります」
など、介護に関して具体的な考えを持っていない答えがかえってくるのです。
年齢を重ねてから、介護の世界に入ることは個人的にも否定するつもりはありません。
しかしながら、しっかりと、「介護とは何か」「要介護(支援)者に対して、してもらうこと、援助すること」を学んでいただきたいと思います。
このことにたいして努力することに若くないから。。。
とかいって逃げてほしくないのです。
利用者からみたら、若くても年を重ねても職員は職員なのですから。

閲覧(7856)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録